企業に応募,筆記試験対策

企業に応募 応募 筆記試験対策 応募する企業を探すことができたら実際に応募に移ります。準備万端で応募しましょう!筆記試験対策も始めましょう!
転職.jpトップ > 転職活動のノウハウ > 求人企業に応募

■ 企業に応募

 自分で応募する
自分でインターネット、求人誌から見つけた会社に応募する際は転職サイトなどからインターネットにて応募するか、履歴書・職務経歴書を送付するものかどちらかがほとんどです。インターネットで応募する場合、フォーマットがすでに決まっていますのでそれに記入し職務経歴は事前に作成した職務経歴書の内容の転用がいいでしょう。他に記入する事項は転職サイトや企業によって違いますが、応募理由等一貫性を持たせてアピールする姿勢が重要です。
 人材紹介会社経由で応募する
自分の担当者に応募の意思を伝えるだけです。そのあと書類選考もありますので待ちましょう。注意点は他の登録者によって募集が締め切られたり、採用者決定によって締め切られたりします。意思が決まったらなるべく早く担当者に伝えたほうがいいでしょう。
 ⇒  応募に関してはわからない点は少ないと思います。問題は送る書類の内容。職務経歴書は記入例をあげましたが、他にも履歴書があったり転職サイトによって企業によってスペースがあったりします。難しく考える必要はありませんが書類選考の決め手となる重要事項です。ポイントは退職理由、志望理由、自分の強みなど必ず一貫性を持たせて「アピールする」ことです。それが難しいのですがそれができた書類はかなりの確率で通過するはずです。

■ 筆記試験対策

 応募したら筆記試験のある企業の時は何らかの対策を行ったほうがいいでしょう。準備の段階から行っておいたほうがいいと思います。 
 問題集を行う
これが一般的です。問題集の良い悪いは正直わかりません。私は1冊適当に選んで購入し一通り行ってみました。中途採用でも「SPI」でのテストが最も多いです。ですからその問題集でよいでしょう。ここでの注意事項は何も対策しないこと。問題としてそんなに難しいものでもないことが多いですが危険です。
 時事問題
SPIなどの問題以外で最も多いのが時事問題でしょう。これは日頃からニュースや新聞等で情報収集するしかありません。日頃から新聞に目を通す癖を付けておきましょう。
 あとは希望する職種次第
「SPI」などの一般的な試験以外はほぼ対策は難しいでしょう。私も知能テストやIQテスト、企業のオリジナルなど色々な筆記試験に遭遇しました。ただ自分の希望する仕事に沿った問題が出るパターンが多いのでそういった情報収集は必須です。
 ⇒ 転職活動は一度退職をしてから始めようと思っていたり、実際にそのようにしている方には「久しぶりのお休み」、「自由な時間」といったイメージがあるのでないでしょうか?実際にそれらは手に入ります。当然収入がなくなりますが。でもそれらは転職にとってある意味「敵」。なぜなら生活リズムを崩し、寝坊癖や、だらだらすることによって面接に悪影響が出たりするものです。一回辞めて転職するのもいいかもしれません、仕事オンリーで時間を失っていた方もいるでしょう。(私もそうでした。)でも生活のリズムはキープしましょう。1日の時間割とか作るといいと思います。結構時間がありますから転職以外の時間は自己啓発や読書なんかに使って今後に備えるべきなのではないでしょうか?

転職.jpサイトマップ
 転職関連サイトリスト
 転職書類作成方法
 面接対策方法
 転職活動のノウハウ
  志望動機 志望理由のポイント
  企業研究について
  人材紹介会社の利用方法
  紹介予定派遣の活用
  転職活動の前に
  転職活動開始
  求人企業に応募
 転職イベン情報
 転職.jpの転職情報ブログ
 転職.jp サイトマップ
当サイトについて 当サイトでの注意事項 ご意見・ご要望 運営者の自己紹介 相互リンクについて 相互リンクサイト
転職.jpホーム
企業に応募 筆記試験対策 転職情報サイト『転職.jp』
Copyright (C) 2007 転職.jp, All rights reserved.