転職活動の前に(転職理由)

転職活動の前に 理由・目的 転職を決断する前にもう一度気持ちを整理して理由・目的を明確にしてみよう!
転職.jpトップ > 転職活動のノウハウ > 転職活動の前に

■ 転職理由・目的を明確に

  仕事を辞めたいと思ったり、キャリアアップの為ややりたい仕事を求めたりというように転職願望は殆どの人が持った経験があるのではないでしょうか? 実際に私もそう思ったから転職した訳なんで・・・。でも単純にそれだけで転職をしようと思ってもうまくいきません。更にもし一度仕事を辞めてしまったりすると非常に苦労するケースが多いようです。そこでまず「どうして転職したいのか」、転職理由を掘り下げてみる必要があります。
 
 その理由を挙げておきます。
  • 転職する会社を決める上で重要なポイントになる。⇒当然次に選択する企業の判断材料になる。会社選びも効率的に。
  • 理由によってはそれを満たす企業が少ないことがわかる。⇒労働環境に不満を持っての転職の場合、現実的に同じような企業が多いことに気づくかもしれません。例えば休みが多いとか残業が少ないような企業はあっても中途採用の必要はあまりないでしょう(当然人手が足りないから採用するので)。給与面も同様。
  • 面接で転職理由が客観的に判断され、志望動機との一貫性を確認される。⇒転職理由が納得されるものでないと絶対に面接は通りません!!新卒と違うのは辞めた理由を選択した会社であると満たされることを証明する必要があるのです。
 以上の理由から「転職理由」をまず明確にしましょう。そこからその理由を満たせる企業を探していきます。

 
⇒  転職の理由って結構就業環境であったり人間関係であったりしますよね。でもきついから辞める!では残念ながら通用しません。(私は近いものがありましたけど) でも本当に辞めようと思っている人はそれ以外にも不満・不安に思うことがあるはずです。そこを明確にしてみましょう。(例えばやらされ感が強いとか、もっと自分のスキルを活かしたいとか。)そして理由が明確になったらそれが何とかならないかもう一度努力してみましょう。そういう状況を自分で打破するように努力する、このような姿勢が後で評価につながります。それに結構改善できることもあるのではな・・・。

■ 転職=退職?

 転職の理由がはっきりしてやはり転職をしようと思ったとき、だからといってすぐに会社を辞めることは私は絶対に勧めません。
 基本的に私は「次の会社が決まってから辞める」ほうがいいと思います。では何でそれを勧めるのか・・・。

  • 金銭的にきつくなる。
    ⇒転職活動は結構お金がかかります。証明写真、交通費、履歴書、書籍代などなど。また借金があったりすると精神的にも焦ります。面接でマイナスに働くことも・・・。
  • 精神的にだらける。
    ⇒これが一番かも知れないなぁ。そんなことが結構面接に影響したりします。緊張感がなくなるんですよね。
  • 離職期間が長期化することがマイナスになることがある。
    ⇒大体半年位までとかよく言いますので「なんだ、半年あれば決まるでしょ。」なんて普通の人は思います。が、結構現実は・・・。またそれでだらついていると思われることも考えられなくはないのです。

 ⇒ 私の過去の経験は2つとも一回離職しています。実際に離職してからじっくり、みたいな方も結構いる印象はありました。確かに在職中はなかなか活動に集中できないという側面があると思います。またちょっとお休みしたい・・・、とか。(凄くわかります) しかし上記のような要因も見逃せませんよね。仕事を上手にこなしながら転職活動も行う、これが今後のためにもなるし逆にアピールできるかも知れませんよ。でも地理的な要因などで一度辞めるほうが得策と思うケースもあると思います。慎重に判断してください。しかし辞めることをする前に、このサイトを見て転職活動のシュミレーションをしてみてください。在職中でもできることが多いことに気づくと思います。 

■ 転職活動の準備

 実際に企業に応募するといった転職活動を開始する前に準備すること、出来ることが結構あります。それをきちんと整理して準備万端で活動を開始することが成功のポイントです。

  ⇒職務経歴書を作成する

 転職の際の重要なツールでありポイントでもある職務経歴書をじっくりと、そしてしっかりと確実なものを作成してください。面接や履歴書なども重要ですが職務経歴書は合否を大きく左右します。職務経歴書のページを参考にして最高のものを作成してください。

  転職サイトに登録

 今の就職においてインターネットはフル活用です。求人をかけている企業もネットへの掲載をメインとしています。
 
登録は当然お勧めします。というか、登録は必須です。ポイントはそれぞれのサイトに掲載されている企業にある程度特徴があります。「ベンチャーが多い」、「大手が多い」など。募集する企業がどの転職サイトを使うかはわかりませんので複数のサイトに登録し、更新をチェックしましょう
 代表的なサイトと特徴などを転職サイトのページに掲載しています。

 ⇒ 今となっては転職サイトは非常に便利ですよね。簡単に応募できる、探せるなど・・・・。しかしながらその為に非常に多くの人が転職に参加し、企業側も書類選考などで多くの労力をかけています。以前の私がいた会社も応募の数100以上に対し採用は私の一人・・・・。ですからそれだけ書類選考の敷居が高くなっているのが現実であり、それを突破するには最初にあげた「職務経歴書」でアピールするしかありません。(だから最初に職務経歴書をあげました) 結構待たされた挙句書類選考落ち・・。何てことも結構ありましたよ。

転職.jpサイトマップ
 転職関連サイトリスト
 転職書類作成方法
 面接対策方法
 転職活動のノウハウ
  志望動機 志望理由のポイント
  企業研究について
  人材紹介会社の利用方法
  紹介予定派遣の活用
  転職活動の前に
  転職活動開始
  求人企業に応募
 転職フェア 求人情報
 転職.jp管理の転職情報ブログ
 転職.jp サイトマップ
当サイトについて 当サイトでの注意事項 ご意見・ご要望 運営者の自己紹介 相互リンクについて 相互リンクサイト
転職.jpホーム
転職活動の前に(転職理由)  転職情報サイト『転職.jp』
Copyright (C) 2007 転職.jp, All rights reserved.