求人情報検索,情報収集について

転職活動開始 転職活動は情報収集が重要。情報収集もコツが必要です。
転職.jpトップ > 転職活動のノウハウ > 転職活動開始

■ 求人情報を探す

 1、インターネット
 今はこれが最も一般的でしょう。転職サイトや企業のホームページなど、たくさんの求人を検索できます。主に転職サイトから探すのがメインとなると思います。転職サイトについては転職サイト比較リンク集を参考にしてください。転職サイトも2つ種類があり求人する企業が掲載を依頼し、その情報を掲載した転職サイト(リクナビネクスト、毎日キャリアナビ‥)と、企業のホームページに掲載されている求人情報を検索してくれるロボット型求人検索サイト(仁王.jp、ジョブエンジン‥)と2種類あります。

 2、人材紹介会社
 在職中の人や自分のスキルを生かしてステップアップしたい人などが人材紹介会社に登録し、自分にあった求人を紹介してもらうやり方です。人材紹介会社も特徴がありますので詳しくは人材紹介会社比較リンク集を。人材紹介会社について詳しくは人材紹介会社とはのページを参考にしてください。

 3、その他
 上記2つ以外にも求人情報はたくさんあります。以下にそれを書いておきます。

 
週間B-ing (転職情報誌)
転職情報誌も重要な手段です。中でも最も代表的なのがリクルート発行のB-ingでしょう。毎週発行ですがページ数も多く求人件数も多いです。グループの「リクナビネクスト」と重複している求人もありますが、ここだけの求人も多くありチェックしたほうがいいでしょう。他にも職務経歴書の書き方、志望動機の作り方など転職に関する情報が豊富です。他の転職情報誌といえば「DODA」や「@type」などがあげられます。
 日本経済新聞
日本経済新聞の日曜版には毎週転職の求人が多数掲載されています。未経験可能の求人というよりはそれなりの職務能力を求めるものが多いですがそれだけではありませんのでチェックしましょう。
 転職希望者対象合同セミナー(転職フェア)
主催する企業は色々ですが結構頻繁に開催されています。自分の関心のある業界や職種、興味のある企業が参加していれば行ってみるといいと思います。リクルート日本経済新聞社学情などがよく開催しています。電車の社内広告なんかにも良く見かけますよ。
 折込チラシ 
これは本当に一般的に日曜日の広告に一緒に入っているもの。アルバイトの求人がメインですが、正社員募集、契約社員募集といったものもあり、たまに優良と思われる求人があったりします。特に地元での就職を希望される場合はチェックが必要でしょう
 ハローワーク
これについて私は登録はしていましたが実際にハローワークの求人について自分で検索した経験はありません。しかし直接DMのような形で求人情報をいただいたことはありました。仮に離職した場合はハローワークには登録すると思いますので必要であれば利用すればいいと思います。
 ⇒ これまで求人情報をどのように探すのか、ツールについて書いてきましたがこれ以外にも手段はまだあります。直接企業のサイトに行くというのもそうですし、口コミだってそうでしょう。とにかく求人情報は非常に多く存在します。ある意味そこから自分にあった求人を探し出すことが非常に大変で労力が必要です。インターネットが普及し便利になりましたがその為情報が散乱したといっていいかもしれません。

転職.jpサイトマップ
 転職関連サイトリスト
 転職書類作成方法
 面接対策方法
 転職活動のノウハウ
  志望動機 志望理由のポイント
  企業研究について
  人材紹介会社の利用方法
  紹介予定派遣の活用
  転職活動の前に
  転職活動開始
  求人企業に応募
 転職イベント情報
 転職.jpの転職情報ブログ
 転職.jp サイトマップ
当サイトについて 当サイトでの注意事項 ご意見・ご要望 運営者の自己紹介 相互リンクについて 相互リンクサイト
転職.jpホーム
求人情報検索 情報収集 企業研究 転職活動開始  転職情報サイト『転職.jp』
Copyright (C) 2007 転職.jp, All rights reserved.